黄色い花

ガーデニングのコツ

風水で庭の植物の色を決めてみる!

花壇や鉢植え、色々な形で庭に植物を植えようと考えた時、どんな花を選びましょうか?

好みの花の色、育てやすい環境(日当たりなど)、草丈など選ぶ項目は多いのですが、庭の花の色を風水にのっとって決めてみるのはいかがでしょうか?

風水ではよく、「西に黄色」で金運アップと言われています。

実のなる庭木のおすすめ6選でも柑橘系(黄色)の庭木を西側に植えると金運アップとお伝えしました。

庭木だけでなく、花の色も風水のアドバイスを取り入れてみるのも運気が向上しそうで良さそうです。

「これを植えたから運気が向上した」と証明はできませんが、気分的には良いですよね。

何かいいことありそうで・・・💛

という訳で、今回は風水を取り入れた庭の植物(花)の色選びをご紹介します。

風水を活用した庭の花の色選び

風水のラッキーカラーは相性の良い方位に使うとパワーアップ

方位

風水の方位は北、東北、東、東南、南、南西、西、北西、中央の9方位になります。

幸運のパワーを持つ色には、それぞれ相性の良い方位があるのです。

引用:ドクターコパの風水

ラッキーカラー

  • 北 :ワインレッド、ピンク、オレンジなど暖色系
  • 東北:白と黄色
  • 東 :赤、ピンク、白、青のビビットカラー
  • 東南:グリーン、ベージュ、赤、オレンジ
  • 南 :グリーン。白やベージュ色
  • 南西:赤、黄色、紫、グリーン、白、黒、グレー、茶、オレンジ
  • 西 :黄色、白
  • 北西:白、ベージュ、茶、グリーン
  • 中央:紫、黄色、白、ゴールド、シルバー

そもそも家の配置によって地植えできる方位や鉢植えを置ける方位はある程度決まっています。

さらに北側となるとあまり日照(日当たり)を望めないので植えられる植物も限られてきますね。

となると、そんなに悩まずに色は決められそうです。

庭の方角別のおすすめの花の色

風水のラッキーカラーは東西南北の4方位プラス、その中間の方位についても定義されているようです。

ただ、植物を植える便宜上、当サイトでは各方位を以下の4つに分けてみました。

建物も真北は植物(特に花の咲く植物)を植えるにはあまりにも日照が足りないと考えられるので、【北】としてひとまとめにしました。

また、【南】は日照も多く植物を植えるには適した方位なので西寄り、東寄りの南も全て【南】として扱っています。

あくまでも便宜上なので、ご自身の家の配置で風水の方位とマッチしている方角があればそちらを参考にしてくださいね!

東の方位(東北・東)

白・黄色・赤・ピンク・青のビビットカラー

白・黄色・赤・ピンク・・・色んな花がありそうですね。

青のビビットカラーの花と言えば、パンジーやジュリアンなど色展開が豊富な花が思い浮かびます。

ムスカリなども青い花に分類できるでしょうか?(ビビットといえるかどうかが微妙ですが・・)

東側は朝日が当たりある程度の日照が確保できますのであまり選ばずに植えられるでしょう。

ただ、北東の場合は建物の配置状態によっては朝日があまり差さない場所があります。

日照が足りなそうであれば半日陰でも育つ植物などを選ぶとよいと思います。

西の方位(西・北西)

黄色・白・ベージュ・茶・グリーン

西におすすめの色の中でベージュ、茶色、グリーンは花としてはあまりないので、黄色か白の二択ですね。

もちろん、「西に黄色」で金運アップは定説ですので、黄色の花はぜひ植えましょう。

建物の配置によってはほとんど朝日があたらず、夕日だけの日照となる場合もあります。

植物にとっては育ちやすい環境ではないので、半日陰でも育つ植物や、高さのある樹木などでカバーする方が良いかもしれませんね。

南の方位(東南・南・南西)

グリーン・ベージュ・白・赤・オレンジ・黄色・紫・黒・グレー・茶

南側はもっとも日照時間を確保できる場所ですので、どんな花でもOKです。

おすすめの色のうち、グリーン、ベージュ、グレー、茶色はあまり花として思い浮かばないので、

白・赤・オレンジ・黄色・紫・黒から選んでみましょう。

それぞれの色が持つ意味から選んでもよいでしょう。

北の方位

ワインレッド、ピンク、オレンジなど暖色系

北側はちょっと花にとっては厳しい環境です。

ましてやワインレッド、ピンク、オレンジなどの暖色系の花が北側に咲くのは難しそうです・・(;^_^A

もちろん、広大な敷地で北側でも十分な日照が確保できれば話は別です。

シックなワインレッドの花、ダリア・バラ・クリスマスローズなども良さそうです。

風水の色が持つ意味

それぞれの色が持つ意味もあります。

詳しくはドクターコパの風水をご参照いただければと思いますが、ざっくりと説明すると以下の通りです。

ピンク

恋愛、新しい挑戦(薄いピンク)

ただし、ピンクと黒の色合わせはタブー

決断の色(勝負強いパワー)

南西に赤を使用するのはタブーです。

素直、やさしさ、親切を意味します。

他の色を組み合わせると、その色のパワーに引っ張れてしまうので、使用するなら白一色で。

ブルー

冷静、浄化、清算

濃いブルー:過去を清算して、「消し去る」パワー

薄いブルー:行動に移す前段階での、よい決断をさせてくれるパワー

グリーン

健康、不動産、才能、勉強

植物自体がほぼグリーンの葉がありますので、方位では特に触れていませんが庭にグリーンがあるだけで健康運はアップしそうです。

黄色

金運の色

西側になにか一つはおすすめします。

紫は高貴な色

出世したいのなら、赤と組み合わせたが良いそうです。

あまり多用すると、吉凶の作用が極端にでる

オレンジ色

旅行、自分探し、子宝の色

東南、北、南西に配色すると、子宝に恵まれる

風水で庭の植物の色を決める方法まとめ

いかがでしたか?

植える花に迷ったら、縁起を担いで決めてみるのも良いですよ。

管理人
管理人は金運アップを狙って、南西も黄色で統一したくなりました(笑)

スポンサーリンク

-ガーデニングのコツ
-,

© 2021 ららら♪ガーデニング Powered by AFFINGER5