バラ

はじめてのバラ

バラを育ててみましょう

我が家には、ミニバラを合わせると20種類ほどのバラがあります。

「バラって手入れが大変なんでしょう?」っとよく言われます。

そんなに言われるほど大変ではありませんよ。ずぼらな私が育てているくらいですから・・・。

かく言う私も、最初に植えるまでは、「大変そう」と思っていました。

仲良くしているお友達がたくさんバラを育てていて、きれいだけど、私にはムリと。

そのお友達に薦められて、「ものは試し」と、はじめにミニバラを寄せ植えに使ってみました。

他の草花と同じように管理していましたが、結構丈夫でした。

確かにバラ独特の病気もありますので、病気が発生したときには、その都度、本を読んで対処してきました。

ちなみに、バラの本は、1冊だけでも手元に置きましょう。

まずは、初心者向けの本をどうぞ♪

(基本的な手入れ方が書いてあるものを選びましょう)

暇なときに読んでみます。

大抵の本には、美しいバラの写真がたくさん載っています。

その写真を見ているうちに、写真の品種が欲しくなります。

で、増えてしまうわけです。(〃⌒∇⌒)ゞ♪

バラの魅力は、種類の豊富さ、美しさもさることながら、香りまで楽しめるという点でしょうか。

バラの咲き始める時期には、なんともいえないバラの香りがふんわりと漂ってきて、とても幸せな気持ちになれます。

あまり深く考えずに、まずはミニバラを寄せ植えに使ってみてください

そのうち、虜(とりこ)になるかもしれません。

バラの基礎用語

バラを購入するに当たって、バラの基礎用語を一部説明しておきます。参考になさってください。

花期

  • 四季咲き性・・・春~秋にかけて何度も花を咲かせる種類
  • 一季咲き性・・・年に1回しか花を咲かせない種類のこと

樹形

  • 直立性・・・・・枝がまっすぐ伸び、樹形が直立になる性質
  • 横張り性・・・・直立性に比べると、枝が横に伸びて、やや低く茂る性質

苗の種類

  • 新苗(しんなえ)・・・前年の夏から秋に芽つぎをして育て、翌年の春に売り出される苗のこと。
  • 大苗(おおなえ)・・・前年の秋から冬にかけて接木した苗を生産者が1年以上育ててから売り出される苗のこと。

生産者の下で育てられた期間が長い大苗の方が、新苗に比べると高価ですが、初心者にはおすすめです。

新苗は安価ですが、接木した部分がまだ弱い可能性もありますから、注意して育てましょう。

CHECK
おすすめしないバラ

今回はあえて「おすすめしないバラ」をご紹介します。 「おすすめしない」の定義は、あくまでも「ずぼらガーデナーである私が育 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-バラ
-, , ,

© 2021 ららら♪ガーデニング Powered by AFFINGER5