ガーデニングのコツ

寄せ植えの色合わせのコツ

 

寄植えの色合わせのコツ

寄植え(花壇も同様です)の「色合わせ(カラーコーディネイト)」は大切なポイントになります。

たくさんの色を無造作に配置すると、うるさい印象になってしまいます。

コツをマスターして、素敵な寄植えを作りましょう。

カラーチャートから色合わせの系統を学ぶ

まず、カラーチャートをみてください。

カラーコーディネイトには、同系でまとめる方法と、反対で引き立てる方法、組み合わせて華やかさを演出する方法などがあります。

  • 寒色系・・・すっきりと涼しげにまとまります
  • 暖色系・・・ぱっと目をひきます
  • 淡色系・・・上品な雰囲気に仕上がります
  • ミックス系・・・明るい印象です

ミックス系が一番難しいコーディネイトかもしれませんね。

反対色の組み合わせ 紫のムスカリと黄色のネメシアの組み合わせです。

CHECK
ムスカリ
春のおすすめ球根植物ムスカリ

今年も静かに勝手に(笑)ムスカリの花が咲きました。 一度植えると私のようなずぼらガーデナーでも繰り返し春になるとムスカリ ...

続きを見る

同系色の組み合わせ ピンク系のグラデーション(パンジーとさくら草)に白のアリッサムを合わせました。

おすすめの色合わせ

同系色でグラデーションをもたせる場合は、高低差(背丈の違うもの)を組み合わせると表情がでて素敵です。

白と薄紫の組み合わせなどは、一見寂しく見えます。ボリュームを多めにすることで華やかに見せることができます。

個性の強いオレンジなどは、白を加えたり、少量反対色の紫(ムスカリなど)を合わせてみるのも素敵です。

黒一色!というのもおすすめのコーディネイトです

ブラックビオラと、ネモフィラのブラックを合わせたり、ブラックとシルバーのみの寄せ植えにしたりすると、とてもシックな仕上がりになります。

(ただし、鉢を置く場所の背景が暗いときは寂しい感じになっちゃいます。)

ちなみに、私はブラックの花が結構好きで、ピンクのバラの根元にブラックビオラを植えたりしています。

ピンクとブラックの組み合わせは素敵ですよ。

個人的な好みですけど``r(^^;)

他に、色合わせに困ったら、シルバーリーフ(ヘリクリサム、シロタエギク、朝霧草、斑入りラミウムなど銀葉のもの)を使ってみると優しく、上品にまとまります。

また、一見地味なアジュガなどの濃紫のカラーリーフは全体を引き締める効果もあります。

白は何にでもあわせられるカラーです。

「派手になりすぎたかな?」と思ったら、アリッサムなどで白の分量を増やすと落ち着くと思います。

ちなみに、アリッサムは購入時小さな苗でも、すぐにこんもりと大きくなりますので、使いやすい花ですよ。

花には色んな色、大きさ、形があります。

それぞれを組み合わせることで、無限のコーディネイトができます。

この組み合わせはムリかな?

と思っても、分量次第では意外と相性がよかったりしますので、いろいろと試してみてくださいね。

寄せ植えの隙間に入れる植物に悩んだら「グランドカバーにおすすめの植物」も参考になると思います。

垂れ下がるようなタイプのグランドカバー植物だと背の高い植木鉢からこぼれるようにレイアウトできます。

CHECK
グランドカバーにおすすめの植物

グラウンドカバーとは wikipediaによると、「グラウンドカバーとは、造園において、地表を覆うために植栽する植物をさ ...

続きを見る

色合わせに悩んだら風水も参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-ガーデニングのコツ
-, , , , , ,

© 2021 ららら♪ガーデニング Powered by AFFINGER5